採用情報

図面はあっても、加工方法はさまざま。最適な加工方法を見つけようと、苦闘の連続

まだまだ半人前だと思っていますが、それでも3~4年目ごろから、自分なりに納得できる仕事もできるようになってきました。加工が難しい製品を初めてうまくできたとき、上司に褒めてもらえたことが嬉しくて、そのときのことははっきり憶えていますね。
当社の場合、加工する製品は毎日違うものです。過去に加工した製品の仕事が来ることもありますが、ほとんど毎日、新しい加工の仕事に立ち向かうことになります。
加工するためには図面はあっても、最終形に至るまでの道は一つではありません。プラモデルを組み立てるにしても「頭を作って、腕を作って、最後に組み合わせる」といったように工程を考えますが、同じように加工の進め方もさまざま。どうやってかこうすれば最適なのかと、毎日頭を悩ませています。

菊田

難しい仕事でもうまく調整できたとき、「これが自分の役割だ」と充実感を得られる

増田

お客様から「こんな製品を作ってほしい」と図面が届いたら、分からないところを質問します。そうして依頼内容について私なりに把握できたら、「この加工は自社でできる。その加工はあの会社に頼もう」と依頼先を考え、私から協力会社に依頼・調整します。どの加工はどの協力会社に頼めば良いか、各社の得意な技術を把握するため、協力会社とは親密な関係を築けるように普段から気を配っています。時間が取れたら、帰り際にふらっと立ち寄って雑談するなどしていますね。時には、金額や納期の面で、無理をお願いしなくてはいけない場面も出てきます。そんなときは協力会社を直接訪れて、納得していただけるまで話し合います。そうした難しい仕事でもうまく調整できて、お客様の要望に応えられた時にはすごくうれしいですし、「これが自分の役割だ」と充実感を得られます。

〒143-0002 東京都大田区城南島2-5-1 TEL:03-3790-5500  FAX:03-3790-5560

メールでのお問い合わせ

COPYRIGHT © Ace Corporation ALLRIGHTS RESERVED.