NEWS

引っ張り用の治具の製作はエースにお任せください!これまでの実績をご紹介

2022年3月10日

引っ張り試験の治具(特注)を詳しくご紹介

引っ張り試験の治具は、機器の性能をより引き出すための重要なものです。

引っ張り試験とは、対象となるサンプルに引張荷重を加えて素材の性質(引っ張り強度、降伏点、伸びなど)を確認するテストです。

引っ張り強さなどを正確に測定するには適した治具を選ぶ必要があり、製作するときにも適切な設計をする必要があります。

引っ張り 治具 スタッフ

当社では引っ張り試験で使用する治具の製作を承っております。

今回の記事では、当社の製作事例や引っ張り試験用治具(アタッチメント)の種類をご紹介します。

 

エースなら引っ張り試験に最適な専用治具を製作いたします

エースでは、引っ張り試験を行うための専用治具をお作り致します。

引っ張り試験は、試料に少しずつ張力を加えていき、試料が破断した時の引張強度、降伏点、伸び、絞りといった機械的性質を測定するテストです。

試験内容は、試験片を使って詳細な数値を調べる(素材そのものの強度の調査)ほか、複数の素材を組み合わせたものを引っ張り、機械的数値を簡単に調べるテストがあります。

引っ張り試験に使用される機器は、工業試験場などでも使用される万能試験機、卓上でも使える試験機、手動で行える試験機などがあります。

正しい数値を計測するために、ストローク長や速度設定など、試料の機械的特性の測定に適した機械選びが重要です。

また使用する治具も、試料に応じたものを作る必要があります。

引っ張り 治具 機械を使った作業

当社は引っ張り試験で使用される様々な機器にあわせて製作致します。

  • 簡単に判定できる治具が欲しい
  • 取り扱いが簡単なものが欲しい
  • 複雑な形状の試料を固定したい

このようなご要望がありましたら、当社にご相談ください。

引っ張り試験で必要な機能を満たし、お客様のご要望に添った治具をご提案、製作いたします。

また振動試験の治具製作も可能ですので、気になる方は下記記事も御覧ください。

振動試験の治具設計についてはこちら

 

引張試験用治具の製作・加工実績【事例】

引張試験用治具の製作・加工実績(事例)をご紹介します。

当社では、お客様のご希望に添える引っ張り試験用治具を製作しております。

その他にも、引っ張る製品をJIS規格にする加工も可能です。

今回はその一部の製作・加工実績をご紹介します。

引っ張り 治具 加工の様子

 

実績:USBコネクタケーブルの引っ張り試験

USBコネクタケーブルの強度を測定するための治具を製作しました。

USBコネクタケーブルは本来、コネクタ(プラスチック部分)を持って抜き差ししますが、中にはケーブルを持って抜く方もいます。

そのためUSBコネクタケーブルは、ケーブルを引っ張ってもコネクタ部分からケーブルが抜けないようにしなければなりません。

こういった理由から、出荷前に「コネクタからケーブルが抜けないかどうか」をチェックするために引っ張り試験を行います。

そこで、当社にこの引っ張り試験を簡単に行える治具製作のご相談を頂きました。

ご依頼内容としては、簡単な構造で、簡単に判定できるようなものがほしいとのことでした。

このご要望を踏まえた上で当社で検討し、以下のような治具を製作しました。

  • プレートにケーブル線をクランプし、任意の長さでUSBコネクタ部分をクランプして試料を固定する。
  • コネクタの先端にバネはかりを付けて、規定荷重まで引っ張り、強度を測定する。

お客様のご要望である「簡単な構造」「簡単な判定」を実現いたしましたので、大変ご満足いただけました。

 

引張試験用の治具(アタッチメント)の種類

引っ張り試験用の治具(アタッチメント)の種類についてご紹介します。

引っ張りの数値を測定する機器は、万能試験機から電動シリンダ、エアーシリンダ、手動タイプと様々です。

これらの機械で引っ張り試験を行う際、機器や試料のサイズ、形状に合わせた適切な治具を使用する必要があるため、種類はとても豊富です。

例えば、薄いものをクランプする場合はチャック(フラットチャックやクサビチャックなど)、衣類のボタン強度を調べるにはボタン治具などを使用します。

正しく引っ張り強さなどを測定するためにも適切な治具を使う必要がありますが、同時に測定作業を簡単に行える構造であることも求められます。

引っ張り 治具 作業の様子

当社では、お客様の測定する試料やご希望に合わせて製作致します。

「引っ張り試験を簡単に行えるようにしたい」
「試料が特殊な形状で、手持ちのクランプでは固定が難しい」

このような場合には、最適な引っ張り試験用の治具をご提案いたしますのでお気軽にお問い合わせください。

 

治具製作はエースにお任せ!当社の2つの強み

当社は創業1974年、お客様のモノ作りをサポートする様々な治具を製作してまいりました。

引っ張り 治具 作業場

今回ご紹介した引っ張り試験の治具の他にも、加工・組立・検査に使えるユニットを製作しております。

また全加工にも対応しており、材料調達から納品までお任せできます。

全加工を東京でお探しの方はこちら

ヒアリングの際は、お客様の様々なご要望に対し、解決に繋がるご提案を致します。

  • 規格外のサイズ・形状のワークに対応
  • 低コスト
  • 業務効率化
  • 作業の簡素化、標準化 など

このようなご要望がありましたらエースにお任せください!

ここではエースの強みについてご紹介します。

 

1、あらゆる材質、加工に対応

当社は自社内に工場を所有している他、全国に300社以上の工場と協力関係にあるため、あらゆる材質・加工に対応しております。

また、当社は一貫生産にも対応しておりますので、ワンストップでのご注文も可能です。

加工工程ごとに発注・品質管理を行うと大変ですが、当社は一度の発注で完結しますので、業務効率化に期待できます。

一貫生産の詳しい情報はこちらの記事でご紹介しております。

引っ張り試験用の治具につきましても、試料の形状や材質に合わせて製作できます。

難素材や加工にも対応できる体制を整えておりますので、他の加工会社で対応不可とされた案件も是非一度ご相談ください。

 

2、経験豊富な営業スタッフが最適な治具をご提案いたします

当社の二つ目の強みは、現場を熟知した知識豊富な技術営業スタッフがいることです。

引っ張り 治具 ミーティング中の様子

町工場には珍しく4名の営業スタッフが在籍しており、お客様との打ち合わせから納品までフルサポートいたします。

当社の営業スタッフは製造業界に関して知識が豊富なだけでなく、実際にお客様の生産ラインを見てきた経験があります。

そのため、今回ご紹介しているような治具に限らず、コスト削減や業務効率化など様々な課題を解決できる提案をしております。

難しい課題に対しても、全国の工場の知識やアイディアが集結しておりますので、新しい切り口からの解決へ導くことができる可能性があります。

「こんなものが欲しいけれど作れるかな?」といったご相談も承りますので、お客様のモノ作りのパートナーとしてお気軽にお問い合わせください。

 

引っ張り試験の治具製作はエースにご相談ください

引っ張り試験で使用する治具製作は、当社にお任せください。

引っ張り 治具 エーススタッフ

サンプルの素材や形状、テスト方法に最適なものをご提案し、製作いたします。

大田区の地の利を活かし、短納期にも対応できますのでお急ぎのご相談も承ります。

今回は引っ張り試験のお話をしましたが、当社はその他の治具製作もお作りできます。

お客様の様々なお悩みに対応致しますので、モノ作りでお困りのことがありましたら当社にお問い合わせください!

【お問い合わせ先】
電話:03-3790-5500
FAX:03-3790-5560
お問い合わせページはこちら